検索

vowsbar

【営業時間】19時00分 ~ 25時00分 【定 休 日】 日曜・祝日 【  住 所  】 東京都新宿区荒木町6 AGビル2F 【電話番号】03-3353-1032 【最寄り駅】四谷三丁目



インスタで魅力を語ろうとしましたが、

確実に文字数制限にひっかかると思いましたので、

こちらで詳しく笑


店長は、浄土真宗本願寺派 藤岡善念 様


現役僧侶であり、僧侶バンドもやる方で、牧師バンドとコラボした際にはアメリカからも取材に来られ世界中でちょっとした話題になった方。


伺って驚いたのが、女性客の多さと、外国人観光客の多さ。


新宿の思い出横丁、ゴールデン街に海外の方々が殺到しているのは、やはりこういう日本のカルチャーを体験したくて、日本にきているのだなと改めて感じる。


お客様の入り状況に合わせてとおっしゃっていたが、21:00頃と22:30頃に毎日、

紙が配られ、お経が始まる。


人種も何もかものボーダー関係なく、全員で摩訶般若心経を唱える。


そんな空間体験したことがなく、体の内側から、なんとも言えない感情が溢れそうになる。


と同時に般若心経を全員で唱えた後の快感。


その後に始まる法話だ。






なんと贅沢な空間なんだこれは笑



見事に酔っているので、なおさらたまらない。



親戚がなくなったり、法事でしかお経を体験する機会は本当に減っている。


しかし、こういうスタイルで、仏の教えを浸透させると考えるとこのお店のスタイルは素晴らしいと思う。





英語のoriginal vows = “本願”(阿弥陀仏)のvows(誓いという意味)、と「坊主」のダブルミーニングから名付けられたコダワリがすごいと感じる。



メニューの一つ一つにも、仏教が関連付けられ、お酒の種類も菩薩関連。


foodは精進料理だ。


写経も、写仏もできる。


なんならおみくじもあり、人生相談も可能だ。



そうなんですよ。




ここはもはや寺。







barと言ってますが、仏の教えを現代人に浸透させるのであれば、

最上級のスタイルであると思います。



こうなってくると店長なにもんなんだ!!!


と興味が湧くわけですよ笑




調べましたよ笑



善念 – Zennen:

15才の時にボブディランに出会い衝撃を受けこの人になりたいと、アメリカに渡ろうとしたが周囲の反対もあり高校に通い、ボクサーになる。

ボクシングで多くの大学から推薦が来ていたがやはりボブディランになりたくてアメリカに行きたいと申しでたが、恩師の強い勧めで大学に進学。大学でボクシングに明け暮れながらもギターを常に握りしめ、抱えて寝ていた。

そんなある日、坂村真民という詩人家に出会い仏教に惹かれ同時にマザー・テレサに会いにインドへ。しかしそこで自分の道ではないと直感し日本に帰ってから親鸞と出会い親鸞の道を仰いだ。

僧侶になったのちも音楽の思いが捨てられず、ジャズを学び、ブラジルに渡り半年音楽を学ぶ。日本に戻ってからライブ活動をしながらブルース、フラメンコ、ジプシー・ジャズ、琵琶の世界をみながら自分の居場所を探すが見当たらず そののち自分の中にあると気付く。

2010年坊主バーのスタッフと「坊主バンド」を結成 仏教やお寺の事坊さんの日常を歌にするキリスト教の牧師バンドとの対バンが話題となりBBCやCNN等のニュースで紹介される。

また坊主バンドとは別にアコースティックギター一本で歌う原点のスタイルでライブ活動を教会や病院や学校などいろいろなイベントに呼ばれ活動を続けている。





もう情報が渋滞笑


こんなに奥行きがある人なかなかいない笑


なんせ僧侶というブッダブランドがあります。


どうしましょう笑



実際にお話させて頂いて、感じた事は受け入れる器がめちゃくちゃでかい。


インスタもフォローさせて頂き、これからいろんな方と伺いたいなと思いました。



オススメ致します♡





©2020 by moririn130ブログ