検索

PLAYFOR3.11

東日本大震災から9年の月日が経過致しました。


被災されました方々への哀悼の意を表します。


日本、そして世界に衝撃を与えた地震、そして津波。

9割の方々が津波による被害で多くの方々の命を奪いました。


様々な分析がなされ、何故地震は起こったのか。

何故津波はあんなに大きいものになったのか。


憶測や想像も流れ、多くの情報が垂れ流しになったのも事実です。


そして、福島第一原発による放射能被害で、未だ帰る事ができない方々がいらっしゃる現実を忘れてはなりません。


多くの方々の心に刻んだ傷。


そして、教訓として忘れてはならない。

明るい未来を繋ぐ為にも、生きている自分達が未来の子供達、子孫に教えなければならないのです。



経済の一翼を担う働き手として考えなければならない事として、経済を止めてはならない。


現在のコロナウイルスの自粛もそうだが、経済活動をとめてしまうと、中小企業は確実に傾く。大手が取り組んでいるテレワークは、従業員への対策として、これから主流になって行くと思います。



テレワークでできる事はいずれ、AIに置き換わり、自分達人間が唯一コンピューターに置き換わらないことが、顔を合わせての対話、そして気持ちです。

これからAIとの融合と棲み分けがどんどん加速していく中で、自らの価値と共に要求されるのは、芸術性。美的か。



そんな要求をされる時代が間もなくやってきます。





1から10を教える教育から、自主性と独創性を重視し、その中でも協調性が求められる、

非常に高度な時代がやってきます。



自分が見いだせる価値。



社会貢献できる価値。




東日本大震災を思い、生きる。生きていく。



という決断を改めて固めた2020/3/11でした♪




©2019 by moririn130ブログ