検索

十四代

日本酒好きで知らない人はいない。


唯一無二の絶対王者。


江戸時代初期の1615年、高木家が現在地で酒造りを行ったことに始まる。長らく「朝日鷹」が代表的銘柄であったが、1993年、14代目・高木辰五郎から15代目・高木顕統(あきつな)に引き継がれた後、「十四代」となった。現在、15代目・高木顕統が日本酒を醸造・販売する老舗酒造会社である。


「十四代」の由来

「十四代」はかつて、特別の古酒だけに付けていた。現在の「十四代」は、14代目・高木辰五郎から15代目・高木顕統へと受け継がれ、杜氏として初めて完成した酒に「十四代」と命名した。代替わりの頃、日本酒は「淡麗辛口」が人気だった。父親から蔵の継承を打診される直前、顕統は福島県の東山酒造(後に廃業)の、米のうまみが感じられる「写楽」という日本酒を飲んで衝撃を受け、「芳醇旨口」と表現される「十四代」の開発につながった。「十四代」は日本酒の中でも入手が困難で高価な銘柄となっている。

以上wikipediaからの引用



十四代をおいているというだけで集客ができる。

十四代を持っているというだけで羨望の眼差し。

十四代を呑んでもらえれば日本酒を好きになってもらえる。

十四代、十四代、十四代


十四代あるあるが言えるほど、唯一無二の完全最強のプレミアム。



それでは、プレミアム価格を御覧ください



本丸













特吟













槽垂れ おりからみ