検索

山形正宗



お待たせしました。


ようやくの登場です!!


株式会社水戸部酒造が、醸す山形正宗についてです。


根強いファン。


日本酒好きで悪く言う人はいない。


山形正宗


一番最初に飲んで衝撃を受け、そして色々な酒米違いで楽しませて頂き、


結局、山形正宗に落ち着く。


そんなお酒です。



山形県は、天童市、山寺の麓にある酒造。

1898年に創業。


硬質のミネラルが多い湧き水を丁寧な生もと造りで、


自社田栽培米を用いて醸す。



今年、新たに麹室を建て替え、益々期待しております。




インスタグラムの縁で番頭の結城さんと一度新宿でご一緒させて頂き、日本酒について


思い出横丁で語った事があります。



一つ一つのお話が本当に魅力的で、


一番印象深いのは、


アルタ前を一緒に歩いている際に、


交差点を行き交う人の波に対して、




「ものすごいパワーを感じる。


よくぶつからずにすれ違えるなと。


様々な仕事をしている人がいて、様々な想いを抱えている人たちが、


行き交う光景にパワーを感じる。」




その感性に鳥肌がたった。


アメリカのウォール街のビジネスマン達は、これからのAI時代に備えて、


感性を鍛えることに注力している。という話だったり、


天童市の話。



すべてが今まで話したことがないタイプの感性の持ち主。



山形正宗のお酒はぶれないんです。


種類が違えど、山形正宗だとわかる。


それはもちろん、十四代も新政もそう。


完全に東北のお酒に魅了されているのだ。



東京にいるので簡単に手に入り、飲めることも理解している。



これから旅行に行く際には、


山形正宗を持って旅に行き、美味しさを共感する人になろうかな笑



【山形正宗秋あがり】、【山川光男2019あき】


絶賛発売中です。




















































©2020 by moririn130ブログ