検索

辛口を得意とする蔵が旨口を作るとどうなるのか。

近年のブームは、十四代を初めとする芳醇旨口ブームだ。


それは、辛口が嫌いとか辛口じゃだめだというわけではなく、


市場が芳醇旨口を選んでいるということだろう。


酒造には、プライドやその蔵ならではのこだわりがあることは知ってます。


ここからは、興味と好奇心の話です。


辛口を得意とする蔵ってあると思います。


超辛口やど辛など、たしかに美味しい。


そんな蔵が、旨口を作ったらどんな味になるのかに最近興味があります。



甘い、辛いだけが日本酒の美味しさでは無いですが、


日本酒が苦手なイメージ、印象を持っている方におすすめできる日本酒を


増やしたい。


日本酒って興味や、美味しいと思ってもらったら、


どんどん抜けれない沼みたいな感じだと思います。


入り口を拡げたいのです!!


例えばですが、あくまでも例えばですからね??(妄想)


【初心者用】

とにかく癖がなく、甘く、香りもよく、鼻からスッキリ抜ける誰が飲んでも美味しい

にごりや、貴醸酒なんかを出して頂きたい。

精米歩合は50%前後で、山田錦推奨

掛米の雄町



【中級者用】

雄町、愛山を用いた山田錦とは又違う風味。

こんな味わいもあるのか!!日本酒って面白いと思わせる段階。

精米歩合は50~60%

山廃、生酛、精米歩合70%以上を醸すお酒もあり。



【上級者用】

出羽燦々、美山錦、五百万石を用い、ようやくここで、スッキリさせた日本酒の登場。

熟成、熱燗、ぬる燗で温度の違いを感じてもらうゾーン。



なぜこんな事を言いだしたかというと、専門機関や専門家の間で評価されている

お酒や賞を受賞したお酒は日本各地にたくさん有ります。


しかし、販売店の店主や、バイヤーの目に止まらなければ、置いてもらえない。

それはなぜか。


やはり、売れるお酒かどうか量がでるお酒かどうかと言うのと、

売りやすいネームバリューがあるお酒を選定するのは、当然だと思います。


ただ、今はインターネットで話題になれば、日本全国どこにいても

人は集まり、話題になれば必ず売れます。


私は、唎酒師でも無ければ、SAKEDIPLOMAでも無ければ、日本酒専門店の店員でもありません。


ただの日本酒が好きな人です。


だからこそ、こんなメチャクチャなことを声を大にして言いたい。


お酒を作る勉強をしたわけでもない、わからないからこそ言える事って、

どんな業界でも同じだと思ってます。



魂を捨てて、とにかく大量生産する時代は終わりました。


今は、魂を持ちこだわりをもった人が勝ち上がる時代になったと思います。


日本酒を作る現場にもITが入り、

温度、湿度、発酵などにITが入り始めている事は承知してます。


しかし、マーケティングであったり、商品の付加価値を上げるブランディング、

そして、振り回す力が欲しい!!


スニーカー好きでsupreme好きだったりする私ですが、

その辺は本当に上手いです。


出るぞ出るぞ出るぞ!!っていう期待感。



市場に認識してもらう為に、有名人を使って印象操作をするのも本当に上手いです。



日本酒はまだまだできます!



まだまだやれます!!



世界に羽ばたかせるためにも、もっと認知と ブランディングを!







そんな話をしたいなと笑

本日の妄想ブログでした笑






©2020 by moririn130ブログ