検索

油屋佐藤酒店


東京は用賀にある、酒屋です。


画像は、購入し自宅に持ち帰ってきた酒である。


新聞紙に包み、目の前でサラサラっと書いてもらう筆に心が躍る。



入り口を入ってまず驚くのが、

ほんとに酒屋なのか??


と驚くほどの酒のなさ笑



まず、冷蔵庫がない。



そして、酒も見えない。



目に入ってくるのは、酒器や器の陶器の作品で、まるでギャラリーのようなのだ。




店主に話を聞くと、やはりギャラリーとして

場所を貸しており、これがうちのスタイルと。




どうやって酒を買うのか??



まず店主とのコミュニケーション。



今日はどうしましょう?



初めて行った人は驚くだろう。




酒屋に行ってどうしましょうと尋ねられる




晩御飯に肉料理なのか、魚料理なのか、食卓に合わせた日本酒を店主がチョイスし、試飲させてくれる。


それで気に入った酒を購入していくのだ。



昔の酒屋は、こんなスタイルだったのかなと、

反省することもある。


目で見えてくる銘柄に目が行き、本当に美味しい酒は酒屋が一番知ってる


なぜならば、取引している90パーセント以上の酒屋の対象顧客は飲食店であり、




有名料亭、寿司屋、居酒屋、イタリアンレストランに、フレンチとなんでもござれ。




食のプロと、酒造りのプロの仲介をし、

そしてエンドユーザーである、食べ手に渡ると考えると、こういう酒屋は、貴重で身を委ねるべき酒屋なのかもしれない。






今回、選んだ3酒は、

実は、以前伺った際に選んでもらい、

大変感銘を受けた泉と桂月は、指名。



天吹に関しては、オススメされたものだ。





コミュニケーションからもう、つまみが始まっており、家に帰って開栓するのは途中経過。




アテと、酒を飲んで会話を弾ませて、米作りから始まるスタートが完成すると思うと、




なんとも、感慨深い。





今日も美味しく頂きます。




油屋さん。


ありがとうございます。



#酒屋巡り




©2020 by moririn130ブログ