検索

海外に向けて発信するにあたり悩ましい問題。

日本酒を海外に向けて発信するにあたり、とてもむずかしい問題があります。


それは、


日本酒=sake であり、nihonshuではないという事です。


焼酎はshothuなのに対して、日本酒はsakeなのだ。


確かによくよく考えてみるとおかしな話ではあると思う。

ワインをフランスワインとかチリワインとか言うが、フランスで作られた日本酒が来月輸入されてくるが、フランス日本酒とは言わないわけだ。


え、じゃあ何?

日本酒を國酒と呼びましょうねという動きがあったようであるが、実際には日本酒というネーミングの良さから、國酒が浸透しておらず。


Sakeというと国内では、ワインも、ビールも酒になってしまう。


なんとも悩ましい問題であるのだ。

どっかのタイミングで日本酒の事をsakeというようにしないと、海外の方が来た際にsakeくださいといわれて、酒?なにどれ?

ビールみたいな機会損出が確実に起こると思う。


清酒なのか日本酒なのか、SAKEなのかはっきりさせよう!!!


少なくともシンプルなのは、海外ではsakeとしか呼ばない。


日本酒をポン酒というのも少し気持ち悪いので、

もう「sake」に統一しませんか?


Japanesesakeというのもそもそもおかしい。


sake=日本酒=酒=ポン酒=國酒

をsakeに統一したい。


日本酒をsakeと呼ぼう運動でも開催してやるかな笑























©2020 by moririn130ブログ