©2019 by moririn130ブログ

検索

株式会社光栄菊酒造

佐賀県小城市三日月村織島2602-1

0952-73-2373


代表取締役 日下 智(くさかさとし)

取締役 田下裕也

杜氏 山本克明


今年の日本酒の話題はこの蔵を中心に回ると思います。

この蔵については、以前instaで述べましたので、今日はこれからの展望のお話を♪



今は、なんとか買えますが、まだ3種しか出していないのに、超人気。

先入観なしで飲んでほしい日本酒。


日本酒が苦手な人、日本酒が大好きな人を選ばず、

味わいはフルーティー。

なのに舌触りはあっさりしており、料理との相性もいい。

今までの九州のお酒へのイメージは、九州の料理に合わせた甘口が多い印象でした。


みなさんは九州の醤油を召し上がられた事はあるでしょうか。

九州の醤油は甘いんです。


私は、生まれてから18年間九州におりましたので身を持って体験してますが、

それが当たり前過ぎて、東京にきて始めて気づきました。


東京に上京して食べたいかのお刺身が美味しくなかったのです。

最初はいかの鮮度がやはりちがうんだなぁと思ってましたが、醤油でした笑


小さい頃から今は亡き祖父が趣味でイカ釣りに毎晩のように行っており、

新鮮な"いか"を頂いてまいりました。


今ではもうあの新鮮ないかをいただくことができませんが、

世界の魚市場築地をもってしてもあの新鮮さはやはり無理です。


脱線しましたが、お酒ってその地域に根付いた地域密着型のサービスであり、

商品だと思ってます。


北は北海道、南は沖縄まで、47都道府県の日本酒を様々な角度から飲んでわかった事ですが、水、そして郷土料理との相性で考えると今話題のペアリング、食い合わせは、その日本酒ができた土地の郷土料理と合わせれば間違いないんじゃないかと思ってます。


世界から見れば、料理のお供といえば、やはりワインです。


光栄菊を頂いた時に本当につぶやきました。

これは世界で戦える!!!


私別に酒蔵関係者でも、酒販店の人でもありません笑

ただのサラリーマンです笑


人の味覚は人それぞれで、育った環境、体調、食べ合わせる物で変わります。

一緒に飲む和らぎ水がまずければそれで、美味しくなくなります。


今回の光栄菊のプレゼントキャンペーンに至るまで、

本当に何度もいろんな方に相談いたしました。


日本酒をプレゼントすることは、酒蔵の方へのリスペクトがうすれるはないか。

日本酒は生モノ。

生モノをプレゼントするのはいいのか。

本当にスタートするまでに悩みました。


しかし、今回のキャンペーンに踏み切ったのは、やはり、佐賀の酒、九州の酒を応援したい。これが一番大きく。


九州のおいしい日本酒は東京、大阪の都会では本当に美味しいと評判でどんどん評価が上がっているのです。


代表する銘柄は、鍋島、よこやま、天吹、田中六五、三井の寿、ちえびじん、など素晴らしい蔵がたくさんあります。


しかし、インスタで愛酒クリーム47都道府県のイベントをやっている際、又、フォロワー様から伺う声は、焼酎には勝てないという声が多く。

日本酒の文化をもっと地元から盛り上げてほしい。

九州の日本酒は美味しいんだって、胸を張って欲しい。


これから、日本酒は世界にどんどん出荷されていきます


このままだと東北=日本酒になってしまいます。

観光に来る海外の方の実に8割が日本酒を飲むという記事を目にした際に、

自分自身ができる事はこれかもしれないと思い、実行に移しました。



賛否両論あるのは覚悟の上です。



ただ、令和元年にできた、光栄菊酒造の渾身の光栄菊をより多くの人へ

飲んでほしい。



2/12締め切り

抽選は今週、ライブなどで公平な抽選で実施いたします。



光栄菊予約受付開始 大阪かどや酒店

http://kadoya-sake.ocnk.net/product-list/122