検索

新型コロナウイルスの影響による売上減に備えて考える事

人の心理というものは、長いものに巻かれるというのが特に日本人は民族として強いです。


新型ウイルスの影響で外食産業の落ち込みが予測されており、

戦々恐々とキャンセルの電話が来るんじゃないかと店長達は心配しているそうです。

来てくれたら良いな。

暇だな。

の待ちの態勢では、売上が落ちるだけではなく、雇っているアルバイトもシフトを入れてあげることができず、辞めてしまうかもしれません。


その時に考える事は、顧客心理を逆手に取るという事であると考えます。


感染したくないからなるべく人混みを避ける。

飲食店に行かない。


まっすぐおうちに帰って自宅で食事。


今まで飲みに来ていた飲兵衛の方々は飲酒しないかというとそんなわけがありません。


酒屋がもうかるから良いじゃんってのも違って。


酒屋の主要取引先は飲食店です。


個人で購入する何倍もの購入数ですので、酒屋も厳しくなります。


宅飲み自分もしますが、どうしても、飲む量は少なくなり、通販でお酒を購入したりもします。


今回は飲食店にスポットをあてます。


飲食店ができる事、待つことではなく攻めることじゃないかと自分は考えます。


ウーバーイーツを導入する。

テイクアウトメニューを考える。

テイクアウトを始めたことをチラシを貼る。

チラシを配る。

SNSを活用する。

店に行っても安全だなと思ってもらえる工夫をする。


来店に際して、安全である強調をする。


考えれば何でもできます。


絶対に待ちの姿勢では、だめです。


売上を増やすのか

売上はトントンを考えてサービス面を強化するにはなにが最も効果的なのか。

売上下げて、耐え忍ぶのか。


何もしなければ本当に客数が減るだけです。

売上が上がらないとき、いかに腐らずに従業員全員で知恵を出し合えるか。


競合店とコラボしたっていいんです。


ライバル店だって必ず客数が減るわけですから、


プライドを捨て、全員がプラスになることを考えませんか。


お店のコンセプトでお客様に選ばれている素晴らしいお店もあるでしょう。


しかし、お客さんがこれなければ、お店は光熱費、人件費、材料費、販管費を考えると開けるだけでマイナスになる可能性すらあります。


お店独自の企画をっ!!


お客さんが来たくなるイベントを!!


お客さんに行きたいのにいけないのが悔しいと言わせる発信を!!


やるのはいかかでしょうか♪



皆様にとって新型コロナウイルスありがとうと言える3月になりますように♪







最新記事

すべて表示

©2020 by moririn130ブログ