検索

ワインと日本酒。

日本酒をもっと市場で流行らせたい。

と、、、、偉そうな事言ってますが、現在の市場の状況を

自分なりの解釈で、紐解いて見ようと考えて、

比較表作って見ました。

自分がネット検索をして、データーを引っぱって来ただけで、

取材をしたわけではない事だけ最初に謝ります。


日本酒の消費量を上げる為に、現在のデーターから読み取れる事、

特定酒である、普段口にしているお酒の消費量は上がってるんです。


なのに、消費量は年々減ってる。


海外輸出量もどんどん増えてるんです。


なのに減ってる。


人口減少と、日本酒に対する若者のイメージを変えないと、


国内消費の改善をする事、これは本当に難しいと思います。








私が、酒造の中の人なら何を変え、商売として、ビジネスという観点から


自己中心的に、あくまでも妄想で見て下さい笑





最初にそんな事できるわけネーだろって言われる覚悟で書きます。




日本酒がバズるということは、今現在1度もないと思います。



なんでか。



日本酒どころか、お酒を飲むということを若者がしなくなっているから。



今まで、タバコ、酒、車に使っていた若者像が、スマホ、アプリにお金が向き、


お酒はもったいないとすら思うらしいのです。






シンプルに、、、